スタジオ防音工事

スタジオ施工事例

個人音楽スタジオ施工例

  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery

スタジオ防音工事

  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery

音楽スタジオ兼カフェ施工例

  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery

スタジオ防音工事施工例

■ 施工前・施工中
  • Gallery

    施工前の室内です

  • Gallery

    天井の解体前の様子です

  • Gallery

    天井解体中。

  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery

壁の下地工事1回目。
間仕切り壁になる所には柱を立てていきます。 これも先に土台を床にコンクリートボルトにより固定します。 そしてその土台の上に柱や間柱を立てていきます。 普通の家を建てるときと全く同じです。

  • Gallery

柱を天井に固定している写真です。

  • Gallery
  • Gallery

事務所とスタジオの間仕切り壁です。 写真の開口部は厚さ12ミリのガラスが2枚入ってスタジオの中が見えるようになります。 開口部はこの他に2カ所ありますが全て同じガラスと枚数です。

  • Gallery
  • Gallery

遮音壁マットを貼る前に、吸音ウールを装填します。

  • Gallery

写真に写っています黒い壁材は、厚さが6ミリあり一枚の重量が約6kgあります遮音壁マットです。 これを木地の上に施工していきます。

  • Gallery
  • Gallery

遮音壁マットを貼る前に、吸音ウールを装填します。

  • Gallery

    下地工事2回目 先程遮音壁マットを施工した上に、更に壁の下地を作っていきます

  • Gallery

    これが振動音を直接壁に伝えないための防震金具です。

施工後
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery
  • Gallery

レコーディングルームとミキシングルームを隣り合わせに作りました。レコーディングルームは内装を珪藻土で仕上げ、音の反射を考慮して天井や壁も作りました。残響もアコースティック楽器でのレコーディングを考慮し、少し長めにしています。

対するミキシングルームは、残響をできる限りなくした設計になっています。そして定在波(音同士が打ち消し合ったり増幅したりする現象)も起こりにくいよう、壁や天井に工夫を凝らしているのが特徴です。遮音レベルはレコーディングルームとミキシングルームの壁で55~60dB、隣室との遮音レベルは約50dBとなっています。

その他

レース用バイクのメンテナンスルーム

  • Gallery

楽器店防音・内装工事

  • Gallery
  • tel0534575147
  • メールでお問い合わせはこちら
  • img
  • img
  • img